読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/24

海外旅行

本日の旅程

f:id:fukuponponpon:20160928100717j:image

 

ニース空港で2時間ほど睡眠し、予定のたて直しをする。昨日夜行バスを逃したので、やや費用は嵩むが飛行機(easyjet)を使うことに決定。12:00発のトゥールーズ行きの飛行機を予約した後、宿を予約する。今日の予定は

ニース→トゥールーズアンドラ公国トゥールーズ

という感じなので、トゥールーズの中心部からメトロで20分ほどのRamonvilleという駅の近くの宿を取った。

おはようのレッドブル

f:id:fukuponponpon:20160929143451p:plain

12:00に飛行機に乗り、爆睡して13:10にトゥールーズのBlagnac空港に到着。

f:id:fukuponponpon:20160928100840j:image

今回トゥールーズ-アンドラ公国間の移動ではBlaBlaCarというサービスを利用した。これは民間の人に目的地に連れていってもらうサービスで、米国でのUBERに似ている。日本では法整備とかの面で難しそうなやつである。結構メジャーなサービスであるらしいが、9/20にベトナムで経験したぼったくりタクシーの一件もあり、τも自分もかなり警戒をしていた。

運転手さんの所へ行くため、Blagnac空港から歩いたり走ったりして移動する。めちゃくちゃ暑い。途中でバスに乗ったりしつつ、待ち合わせ場所であるメトロのジャンヌダルク駅に到着。運転手さんは気の良さそうなイケメンおっさんだった。

4人目の同乗者であるおばあちゃんを乗せてアンドラ公国へ出発。片道3時間の旅である。おばあちゃんは走り始めて1時間半くらいしたところで降りていった。

運転手のおじさんは英語が堪能で、道中では様々な話を聞いたり、逆に質問されたりした。ゲームや映画、フランス人をどう思うかなどについて話した。おじさんはやけにフランス人の悪口を言っていた。何だかんだでアンドラ公国Pas de la Casaに到着。この町はアンドラ公国とフランスの国境に位置する小さな町である。

f:id:fukuponponpon:20160928100917j:image

ぶっちゃけて言うと、アンドラ公国に来た主な理由がアンドラ公国に足を踏み入れること」だったために到着した時点で目的はほぼ達成されているのだが、まあそれだとあまりにも味気ないということで1時間ほど散策。とはいえ、食料品店や洋服店といったショップしか存在しないので観光も何もない。物価が安く、フランスから買いに来る人が多いからこうなってしまうらしい。とりあえず家族へのお土産としてミニオンズのぬいぐるみを購入。残念ながら安くはなかった(後で母親から「ミニオンズは普通青いズボンをはいているからこれは偽物なのでは?」と指摘された)。

f:id:fukuponponpon:20160929143601j:plain

ぶらぶらしてから帰途につく。買い物帰りのおばさんが最後まで一緒だった。午後9時頃にジャンヌダルクに到着し、そのあと宿のあるRamonvilleへ移動。Ramonvilleでは晩ごはんということでビールとハンバーガーを頂いた。地元民御用達のお店らしく、入店時は怪訝な顔をされたものの、味とサービスは確かだった。

f:id:fukuponponpon:20160928101007j:image

ごはんを食べ終わってから宿を探す。ごはんを食べていた場所の近くにあるはずだったのだが、Google map上で存在するはずの場所にホテルが見つからず、暗い所をしばらくうろうろする。何が出現するか分からず非常に怖かったが、 通りがかった地元民の人に道を聞くことで事なきを得た。ホテルに無事到着し、ニースで買ったワインを飲んだ。 

f:id:fukuponponpon:20160929143642j:plain

緊張から解放されていつの間にか就寝。