4/1-4/2ドイツ入国

遂に出立の日がやってきた。成田空港からイスタンブール/アタテュルク空港を経由してドイツのライプツィヒ/ハレ空港に向かう。オンラインチェックインは既に済ませていたので、搭乗手続きは割とすんなり終わった。両替やお土産の購入など、細々としたことをやってから家族で寿司を食べに行った。

f:id:fukuponponpon:20180404163724j:plain

今後1年はこんなにおいしい寿司は食べられないのだなあと思いつつ、時間がおしていたのでさっさと食べた。そして保安検査場へ。

f:id:fukuponponpon:20180404193847j:plain

両親と弟に見送られて出国。今回使う航空会社はTurkish Airlinesである。色々なサイトにTurkish Airlinesは出発時刻が30分早くなりがちと書いてあったが、まさにその通りになった。機内食はどんなものが出るんだろうなどと期待に胸を膨らませつつ飛行機へ。離陸時は真横に成田空港第一ターミナルが見えたが、家族の姿はさすがに視認できなかった。

離陸して2時間ほど経ったのち、機内食第一弾が出てきた。

f:id:fukuponponpon:20180404193922j:plain

細かい名前は忘れてしまった。おおむね普通の味だったが、右上のポテトサラダに見える物体だけはもさもさして味が濃く、ちょっと好きになれない味だった。

機内食を食べた後は映画(Overdrive)を観た。勢いで押すタイプの映画だったがそこそこ面白く、車を運転したくなった。日本時間午前3時くらいに映画を観終わり、少し手持ち無沙汰になったので外を見ると、ときたま下の方にぽつぽつとした明かりが見える。たぶん森の中にある集落の明かりだと思うのだが、人間はどこにでも住んでいるのだなあとかどうでも良い感想を抱いた。そのあとは適当にドラマなどを観つつ時間を潰す。着陸2時間半前くらいに機内食第二弾が出てきた。

f:id:fukuponponpon:20180404194027j:plain

こちらも左上のもさもさしたやつがあまりおいしくなかった。

そしてトルコ時間午前4時半頃にイスタンブールに到着。フライト時間は12~13時間くらい。写真は撮らなかったが、夜景が非常に綺麗だった。夜中なのでアタテュルク空港から外に出る訳にも行かず、空港内をぶらぶらして過ごす。無査証でもトルコに入れるらしいのだが、治安などもろもろ良く分からないので出国手続きを済ませてしまった。イスタンブールについて調べとけば良かったと少し後悔した。早朝であるにも関わらず空港内は盛況だった。

f:id:fukuponponpon:20180404194126j:plain

お店を一通りまわった後は食べるくらいしかやることがなくなった。ということで6時くらいにバーガーキングでワッパーを食べた。知らない通貨単位だったが、後で調べたらトルコリラというらしい。1トルコリラが大体30円。ワッパーセットは30トルコリラだったので、900円の計算になる。

f:id:fukuponponpon:20180404194247j:plain

朝食後はベンチで寝たりヒレ肉のサンドイッチを食べたりトルコ風アイスを食べたりした。

f:id:fukuponponpon:20180404194437j:plain

トルコ風アイスはもちもちしていておいしかった。おじさんが陽気な人で、アイスを買う時になぜか「ワカバヤシ!ワカバヤシ!」と連呼された。そして飛行機へ。窓際の席だったのだが、離陸する時に見えた町並みがとても綺麗で感動した。黒海っぽいものが見えたと思ったのだが、後で調べたらマルマラ海という黒海より小さめの海だった。

f:id:fukuponponpon:20180404194557j:plain

数時間のフライトということで、機内食は1回だけ出た。パスタを注文した。

f:id:fukuponponpon:20180404194527j:plain

普通においしかった。右上はspring water(湧き水)だったのだが、こんな形で出てくるとは思わなかったため、びっくりした。おいしい水だった。そしてライプツィヒ/ハレ空港に到着。空港までポスドクの先輩が迎えに来てくれていたため合流し、夕ご飯を食べた。ドイツ語が全く聞き取れなかった。

f:id:fukuponponpon:20180404194634j:plain

先輩のおごりでビールも頂いた。そのあと家へ移動し、少し説明を受けた。家の鍵が全てセンサー式だった(transponderというらしい)。使うのにコツが必要だった。

Transponder SimonsVoss 3064

ベッドに寝転がった瞬間に寝落ちし、この日は終了。