5/26日常

最近は時間があっという間に過ぎてゆく。こちらの生活に慣れて来たということだろうか。

今日は午前中家でごろごろしてから、午後は30分ほど外を走り、それから町の中心部へ散歩に出かけた。4/14散策でも書いた通り、町のあちこちで色々な音楽が聞こえてくる。

f:id:fukuponponpon:20180528183136j:plain
f:id:fukuponponpon:20180528183213j:plain

写真は撮っていないが、広場のど真ん中でどこから持ってきたか分からないグランドピアノを弾いている人もいたりして、歩いているだけでもけっこう楽しむことができる。一通り歩いた後は休憩を兼ねて図書館で少し論文を読んだ。

18時頃まで図書館でだらだらしてから、Auerbachs Kellerに行って夕食を食べた。このお店はゲーテの「ファウスト」に登場する酒場で、森鴎外ゲーテもよく利用していたらしい。

f:id:fukuponponpon:20180528184609j:plain

土曜の夕方ということで、店内は地元の人々や観光客と思しき人々で賑わっていた。結構混んでいて入れるかどうか心配だったが、おひとりさまということですぐに入れた。左後ろにばかでかいワイン樽が鎮座していた。ちょくちょく店員さんが来てここからワインを注いでいた。

f:id:fukuponponpon:20180528191123j:plain

非ドイツ語話者用に英語メニューが用意してあり、そのうえ店員さんも英語で喋ってくれたのでとても助かった。メニューに載っている食事は前菜、メインディッシュ、デザート等に分かれていたが、あまりちゃんとしたレストランに来たことがないので勝手が分からない。とりあえず黒ビールを注文し、ビールをちびちび飲みながら食べるものを決めた。

f:id:fukuponponpon:20180529183753j:plain

まずは前菜。〇〇スペシャリテみたいな名前だった。後で思い出したら書き足そうと思う(Räucherspezialitätenだった。燻製という意味らしい)。左はポテトケーキ。右の皿は、右から順に(たぶん)鴨肉のロースト、スモークサーモン、ローストビーフという感じだった。小さな器に盛られているのはピクルスみたいなやつ。スモークサーモンがめちゃくちゃビールに合うので驚いた。この前菜だけでも十分に満足できる。1杯目のビールを飲み干し、おかわりを注文してから次のメインディッシュへ。

f:id:fukuponponpon:20180529184308j:plain

ドイツの郷土料理であるSauerbraten(ザウアーブラーテン - Wikipedia)。もちもちしたポテト餅と赤キャベツ、そして肉。かなりボリューミーだった。おいしかった。

f:id:fukuponponpon:20180529185033j:plain

食後のコーヒーをもらい、テーブルで料金を支払ってから帰宅。料金は結構高かった。ぼっち飯としては過去最高だと思う。ただ、一人で行っても、周囲が薄暗いせいか居心地の悪さはあまり感じなかった。また余裕ができたら行ってみたい。