12/26 クリスマスマーケット@ザルツブルク

今日は少し足を伸ばしてザルツブルクのクリスマスマーケットへ。本来クリスマスマーケットはキリストの誕生日に備える期間(Advent, 待降節)のはずなのに、なぜ12/26になってもやっているのか…?などという疑問はさておいて、RegionalExpressに乗車。

ミュンヘンから電車に揺られることおよそ1時間40分。ザルツブルク中央駅に到着する。オーストリアもドイツ語圏であるため、全く違う国に来た感じがしない。この垣根の低さも欧州ならではである。

まずはバスに乗ってミラベル庭園へ。有名な「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台である。遠目に見えるのはホーエンザルツブルク城

f:id:fukuponponpon:20190215034430j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215035144j:plain

ミラベル庭園を少し歩いた後、クリスマスマーケットが行われているResidenzplatzに向かう。途中でモーツァルトカラヤンといった著名な音楽家ゆかりの場所をたくさん見かけた。

f:id:fukuponponpon:20190215043207j:plain

カラヤンの生家

ミラベル庭園で購入したザルツブルクカードを使おうということで、モーツァルトの住んでいた家やモーツァルトの生まれた家にも行った。

f:id:fukuponponpon:20190215043431j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215043518j:plain

モーツァルトの生きていた頃はもちろんこんな金ぴかの文字ででかでかと“Mozarts Geburtshaus"なんて書かれてはいなかったんでしょう…。モーツァルトの使っていたバイオリンや楽譜からモーツァルトの顔や身長に関する情報に至るまで、様々な資料が展示されていた。

f:id:fukuponponpon:20190215044813j:plain

モーツァルトの生家のトイレに貼ってあった写真。和式じゃあるまいし、こんな態勢とる人いるのか…?

ザルツブルクの街並みがイタリアのバロック様式からオーストリアバロック様式に移り変わりつつあった1700年頃に建造された三位一体教会(Dreifaltigkeitskirche)にも行った。

f:id:fukuponponpon:20190215044233j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215044331j:plain

小ぶりながらも静かで落ち着いた雰囲気の美しい教会だった。

ザルツブルクを取り囲む山々を眺めつつ、石畳の通りを歩いていく。ザルツブルクに限らずヨーロッパの通りは全体的に景色を意識して作られているようで、大きい都市などにおいても閉塞感を感じることが少ない。都市設計にこだわりを感じる。

f:id:fukuponponpon:20190215044540j:plain

そしてクリスマスマーケットに到着。けっこう混雑していた。マグカップをゲットするべく早速ドリンクを購入。連日のグリューワインで胃腸がやられていたため、ミルクココアっぽいやつを選んで購入。

f:id:fukuponponpon:20190215045228j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215050043j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215045344j:plain

お酒だった。しかも蒸留酒ベースらしく、度数が結構高い。チョコを溶かしつつ飲んだ。おいしかったが腹はやられた。

クリスマスマーケットを後にし、ザルツブルクを一望できるホーエンザルツブルク城へ向かう。高速ロープウェーに乗り、山の上へ。ザルツブルクカードのおかげでチケット購入列に並ぶことなくすいすい乗車できた。とりあえず街と山の写真を撮りまくる。気持ちのよい夕暮れだった。

f:id:fukuponponpon:20190215050456j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215050706j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215050855j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215050937j:plain

城内にあるホーエンザルツブルク城に関する展示を通り抜けててっぺん近くへ。

f:id:fukuponponpon:20190215051310j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215051350j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215051436j:plain

山好きな自分にとっては絶景だった。この景色を見ながら1日中ぼーっとしていられると思うくらいである。残念ながらそこまでの時間はないので再び城内へ戻る。

ちょうど日も暮れかけであり、城壁の砲門らしき所からザルツブルクの夜景を眺めることができた。

f:id:fukuponponpon:20190215051823j:plain

日本ではなかなか見られない、暖色を基調とした都市の夜景である。紺と紅色からなる夕闇とのコントラストがよい味を出している。

この時間帯は山々のシルエットもくっきり浮かぶ。

f:id:fukuponponpon:20190215052327j:plain

城からの夜景を堪能したあと、ロープウェーに乗って街へ戻る。

f:id:fukuponponpon:20190215052538j:plain

ライトアップされたホーエンザルツブルク城

ザルツブルク中央駅まで歩き、そこからミュンヘンへ戻る。マグカップもたくさん集まり、母・弟ともども大満足である。

f:id:fukuponponpon:20190215053045j:plain

明日のノイシュヴァンシュタイン城観光に備えて早めに就寝。

12/25 ミュンヘン散策2日目

今日もミュンヘンを散策。ふたたびMarienplatzを起点にし、今度は南下。Marienplatzから新市庁舎を見ると、時計のからくりがくるくる回っていた。ちょうど12時だったらしい。

f:id:fukuponponpon:20190215030404j:plain

写真だと分かりにくい…?

まずはペータース教会(Peterskirche)に上ってミュンヘンの街並みを眺める。めちゃくちゃ寒かったがよい眺め。

f:id:fukuponponpon:20190215030723j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215030803j:plain

教会の中は下の写真のような感じだった。

f:id:fukuponponpon:20190215030954j:plain

教会を出てからミュンヘン市立博物館(Münchner Stadtmuseum)へ。ミュンヘンの文化や街並みが変遷していく様子を細かく知ることができた。中でもミュンヘンの街と移民の関係について大きく場所が割かれていたことは非常に示唆的であった。Karl Arnoldによるこんな風刺画も。

f:id:fukuponponpon:20190215031601j:plain>

市立博物館をあとにし、遅めの昼食をとる。近くにあったHackerhausというお店へ。割と有名なお店らしい。というかクリスマスに開いてるのなんて有名なお店くらい、というのが正しいかもしれない。Hacker-Pschorrというミュンヘンのビール会社の直営店であり、おいしいビールを飲むことができる。ビールの最小単位が1Lな所がいかにもミュンヘンという感じでたいへんよかった。家族のためにコーラを頼もうとしたらふふんと笑われたのも印象的だった。決して悪口ではない。

f:id:fukuponponpon:20190215032805j:plain

シュニッツェル&ビールというデブまっしぐらなメニューをおいしく頂いた。

その後ホテルに戻って明日のザルツブルク行きの準備をした。少し飲み足りなかったので、ニュルンベルクで買った陶磁器ジョッキでビールを飲んだ。

f:id:fukuponponpon:20190215033456j:plain

12/24 ミュンヘン散策

今日はミュンヘン市内の散策。博物館・レストランはほぼお休みなため、ひたすら歩き回った。クリスマスマーケットも終わりかけであり、全体的に町が静かな感じに戻っていた。Marienplatzを起点にし、まずは北上。

f:id:fukuponponpon:20190117034111j:plain

下の写真はテアティーナー教会(Theatinerkirche)。日が当たるとまぶしい。

f:id:fukuponponpon:20190215014008j:plain
f:id:fukuponponpon:20190215014623j:plain

ミュンヘン工科大学。最近読んでいる本(The Women Who Flew for Hitler)で頻繁に登場していて気になっていたため、実際に見ることができて良かった。垂れ幕を見ると分かるとおり、2018年で設立150周年らしい。学生の姿はまばらだった。

f:id:fukuponponpon:20190215014852j:plain

抵抗の単位にもなっているオームさんの像。

f:id:fukuponponpon:20190215015447j:plain

しばらく歩くと不思議な形をしている建物(NSドキュメントセンター)を見つけた。このNSドキュメントセンターはナチス党本部跡地に建てられた、ナチスの活動に関する資料館である。さっそく入ってみる。

f:id:fukuponponpon:20190215015826j:plain

上の階から下の階へ、順々に時代を追って第一次世界大戦から第二次世界大戦、現代にかけてのナチズムの動きが説明されていた。ドイツの恥ずべき、そして隠したくなる歴史のはずだが、だからと言って資料の説明が分かりにくいということもなく、むしろとても分かりやすかった。今立っているこの場所が様々な凄惨な歴史的事象の起点だったのだと頭では理解したが、あまり実感が湧かなかった。昨日行ったニュルンベルクもそうだったが、街の所々にナチスの名残がある。今はクリスマスシーズンであることもあいまって街に暗い雰囲気は漂っていないが、それでも若干考える所があった。

NSドキュメントセンターを後にして散策続行。少し雨に降られたが、止んだ後に虹を見ることができた。

f:id:fukuponponpon:20190215022827j:plain

そして夕ご飯。開いているお店はどこも混んでいて、最終的にはチェーンっぽいお店でハンバーガーを食べることになった。

f:id:fukuponponpon:20190215023045j:plain

まあビールがうまかったのでよし。

12/23 クリスマスマーケット@ニュルンベルク

今日は世界一有名だと言われているニュルンベルクのクリスマスマーケットを訪ねた。

ミュンヘンからICEに乗ること1時間。ニュルンベルク中央駅に到着。

f:id:fukuponponpon:20190106062231j:plain

旧市街は今も城壁で囲まれている。

f:id:fukuponponpon:20190106062441j:plain

ニュルンベルクが隆盛を極めたのは14世紀後半~16世紀前半らしい。カール4世によって金印勅書が交付されたり、アルブレヒト・デューラーニュルンベルクの街の教会のために「4人の使徒」を描きあげたりした頃である。三十年戦争(1618 ~ 1648)でぼろぼろになった後、再び歴史の表舞台に登場するのはナチス・ドイツ時代~第二次世界大戦期である。ユダヤ人迫害の端緒となったニュルンベルク法、そしてナチス幹部ら第二次世界大戦の戦犯を裁いたニュルンベルク裁判は、世界史を学んだ人なら誰しも単語くらいは耳にしたことがあるのではないだろうか。

とまあそんなことを考えたり考えなかったりしつつ旧市街へ入ってゆく。クリスマスマーケットはフラウエン教会(Frauenkirche)に面した中央広場で開催されていた。

f:id:fukuponponpon:20190109013216j:plain

このフラウエン教会は正午に仕掛け時計が動くことで有名らしいが、到着した時には13時を回っていたため、残念ながら動いている所を見る事はできなかった。
適当にクリスマスマーケットをぶらぶらしてから、高台にあるカイザーブルク(Kaiserburg)へ向かう。11世紀にハインリヒ3世によって建造されたこのカイザーブルクからは、ニュルンベルクの街並みを一望できる。

f:id:fukuponponpon:20190117020325j:plain

曇りときどき雨、かつ強風だったため寒かった。カイザーブルクの周りを散歩し、再び中央広場の方へ戻る。

f:id:fukuponponpon:20190117020817j:plain
デューラーの家

ニュルンベルクはドイツでのおもちゃ発祥の地としても有名だということで、おもちゃ博物館(Spielzeugmuseum)にも行った。ここではおもちゃの歴史を、その当時のおもちゃの実物を眺めつつ学ぶことができる。中世からナチス時代~第二次世界大戦を経て、電子ゲーム隆盛期に至るまで丁寧に解説されており、大変勉強になった。

ざっくりと、昔のおもちゃは知識・思想教育的な意味合いが強いのに対し、現在のおもちゃは娯楽的な側面が強いように感じた。例えば現代では幼い女の子の遊びとして定番であるままごとなども、昔は家事を教えるためのちゃんとした方法だったらしい。当時ままごとで使われていたおもちゃも展示されていたが、やたら本格的だった。政治思想を育むためにもおもちゃは利用されたらしい。ヒトラーナチス幹部のフィギュアなども展示されていた。おもちゃを通して幼少期の教育について色々と考えさせられた。

f:id:fukuponponpon:20190117021253j:plain

ツーショット

 おもちゃ博物館をまわり終えた所で早めの夕食をとることにする。ブラートヴルスト・ホイスレ(Bratwursthäusle)というレストランに入った。

f:id:fukuponponpon:20190117030834j:plain

ビール(TUCHER Hefeweizen)と白ソーセージ(Nürnberger)、ザワークラウトを注文した。白ソーセージはいい感じにさっぱりしているうえ、しっかり肉が詰まっていておいしかった。パリッとした食感に慣れている人は違和感を感じるかもしれない。ビールともよく合った。

食事を終えた後は再びクリスマスマーケットへ。グリューワインを飲んだ。とはいえお目当ては長靴のカップなので、グリューワインはおまけみたいなものである。連日のグリューワインによる胃腸の疲れを感じた。

f:id:fukuponponpon:20190117031739j:plain

ワインを飲み終えてから夜景を見にカイザーブルクへ向かったが、雨だったこともあり景色はあまり良くなかった。

f:id:fukuponponpon:20190117032313j:plain

f:id:fukuponponpon:20190117032442j:plain

雨も強くなってきたため、ニュルンベルク中央駅に戻る。バーガーキングで時間を潰してからミュンヘンへ帰った。

f:id:fukuponponpon:20190117032652j:plain
ニュルンベルク中央駅

12/22 クリスマスマーケット@ミュンヘン

日本からドイツへ旅行に来ていた母・弟と一緒に、ミュンヘンのクリスマスマーケットに行ってきた。クリスマスマーケットはマリエン広場(Marienplatz)を中心に開催されており、広場の周りは大盛況だった。

f:id:fukuponponpon:20181230205230j:plain
f:id:fukuponponpon:20181230204935j:plain
新市庁舎など

Bratwurstを食べながらビールを飲み、夕食とした。おいしかったが、Bratwurstのソースがとても辛かった。

f:id:fukuponponpon:20181230205305j:plain

グリューワインも飲んだ。カップは記念で持ち帰った。

f:id:fukuponponpon:20181230205530j:plain

持ち帰りOK。返却すると数ユーロ返ってきます。

規模はライプツィヒのクリスマスマーケットとどっこいどっこい。観覧車やメリーゴーランドがあった分、ライプツィヒの方がインパクトが大きかった。

クリスマスマーケットとはあまり関係ないが、ライプツィヒに比べて道端ですれ違う日本人が多い気がした。ライプツィヒでは都市の中心部においてもあまり日本語を耳にしないため、この感覚は新鮮だった。半年前、お世話になっている日本人Ph.D.の先輩が日本人の多さを理由にデュッセルドルフを「ほぼ日本」と形容していたことをふと思い出す。ライプツィヒに来たばかりの当時の自分には「ドイツなのにほぼ日本」という感覚がよく分からなかったが、ミュンヘンでその気持ちがすこし理解できた。そのうえどのお店に入っても基本的に英語が通じるため、非独語話者に優しい都市だと感じた。それはそれで物足りない感じもするけれど…。

また、Rを巻いて発音する人がたくさんいた。バイエルン訛りだろうか。イタリア語みたいだなあと思った。

10/28 スイスシティマラソン

7時ごろに起床し、ホテルのレストランで朝食をとる。この形式の食事にも慣れてきた。

f:id:fukuponponpon:20181112012913j:plain

てきとうに食事を終え、着替えてスタート時間まで部屋で待機する。宿泊先とスタート地点の距離はおよそ2キロほど。外は雨模様かつ気温が3度と低かったため部屋でぎりぎりまで粘ることにした。

スタート45分前にホテルを出発。アームウォーマーの上に長袖シャツという(マラソンを走るにしては)厚着な格好でスタート地点に向かう。そして9時にマラソンがスタートした。

f:id:fukuponponpon:20181112032553j:plain

コースをよく確認していなかったのだが、同じところを2周回るコースだった。そのせいか、ハーフ地点を越えたところで人がぐっと減った。 

レース中は特に何も起こらなかったが、沿道から地元の人の「ガンバッテー」という声援が聞こえたのにはひどく驚いた。海外でのマラソンはこれで4度目だが、日本語を耳にしたのはこれが初めてである。

なんやかんやでゴールのスイス交通博物館(Verkehrshaus der Schweiz)へ。完走メダル・フィニッシャーTシャツを受け取る。

ゴール後はEichhofのビールを飲みつつBratwurstを食べた。

f:id:fukuponponpon:20181112021613j:plain

時間が経つにつれ、体の芯までじわじわと寒さが沁みてきて、気づいたら凍えて震えが止まらなくなっていた。これはちょっとまずいと思い、あわてて交通博物館の中へ避難。しばらく暖を取る。

落ち着いたところでいったんホテルへ。凍えないように急いで帰った。シャワーを浴びて普段着に着替える。しっかり防寒対策をしたあと町の中心部へ散歩しに出かけた。

f:id:fukuponponpon:20181112021205j:plain
f:id:fukuponponpon:20181112020747j:plain
うし

カペル橋のあたりを散歩しているうちにお腹が空いてきたため、どこかで夕食をとることにする。川沿いを歩いていると“Brauerei”(「ビール醸造所」)という単語が目に飛び込んできたので、ふらふらと入った。

f:id:fukuponponpon:20181112023423j:plain

Rathaus Brauerei (直訳すると「市役所のビール醸造所」)

1人なのになぜか4人席をあてがわれた。飲み物はもちろんビールである。Seidelという銘柄のビールを注文した。大好きなKellerbier(地下室のビール)である。Kellerbierは濾過する前のビールであるためやや濁って見えるが、そのぶんホップの風味・香りがしっかりしている。加えて、このお店で提供しているビールはピラトゥス山系のきれいな水を使って醸造しているらしく、とてもおいしかった。

f:id:fukuponponpon:20181112024617j:plain

ちょうどビールを飲み終わった頃に注文したポークチョップが運ばれてきた。豚肉は味付けも柔らかさもちょうどよかった。ポテトがやや多かった。

f:id:fukuponponpon:20181112031120j:plain

ビールのお代わりも頼んだ。アンバービール。

f:id:fukuponponpon:20181114043910j:plain

食事のあとは腹ごなしも兼ねて街をしばらく散歩した。観光地だからか、日曜日なのにも関わらず空いている店が割と多かった。

しばらく散歩したところで宿泊先へ戻ることにする。湖で泳いだり寝たりしている白鳥を眺めつつ徒歩で帰った。

f:id:fukuponponpon:20181114044304j:plain
ルツェルン中央駅(左のほう)からSeebrücke(右のほう)にかけて

10/27ルツェルンへ

www.swisscitymarathon.ch

10/28に開催されるスイスシティマラソンに出るため、スイスはルツェルン(Lucerne)へ。ライプツィヒ・ハレ空港からチューリッヒ空港へ飛び、その後ルツェルン中央駅に向かった。

f:id:fukuponponpon:20181111203845j:plain

スイス連邦鉄道

側面に印字されているSBB CFF FFSという文字列は、「スイス連邦鉄道」をドイツ語・フランス語・イタリア語で表記したときの略称らしい。公用語が複数あるとこうなるのか…とちょっと驚いた。

ラソンのエントリー費に往復の交通費が含まれているらしく、鉄道のチケットを買う必要はなかった(ユングフラウマラソンの時とおなじ)。その代わり、自宅で印刷したSwiss Runners Ticketを持っていった。

1時間ほどでルツェルン中央駅に到着した。生憎の雨模様。ついでに寒い。

f:id:fukuponponpon:20181111205140j:plain

ルツェルンの市街地図は以下の通り。地図中「ルツェルン」と書かれた文字の「ルン」のあたりが中央駅。

f:id:fukuponponpon:20181111211856p:plain

まずは有名な観光名所であるカペル橋(Kapellbrücke)へ歩いていく。中国人とおぼしき観光客がたくさんいた。

f:id:fukuponponpon:20181111212436j:plain

赤い花をあしらわれたカペル橋と白いカモメの群れ。スイスのナショナルカラー。

ヨーロッパで最も古い木造橋らしい。屋根の内側には様々な絵が飾られていた。橋の真ん中の水の塔(Wasserturm)のあたりに土産物屋さんがあった。欧州最古の木造橋の上でお店を開くその発想がすごいと思った。

f:id:fukuponponpon:20181111213708j:plain

カペル橋から北を見たときの風景。左手に見えるのはイエズス会教会。晴れていれば奥にピラトゥス山を望むことができる。

カペル橋を渡り終えてから少し北西へ歩き、お次はシュプロイアー橋(Spreuerbrücke)へ。Spreuはドイツ語で「もみ殻」という意味で、これはシュプロイアー橋がルツェルンで唯一もみ殻を捨ててよい場所だったことに由来するらしい(Spreuer Bridge - Wikipedia)。

渡り始めてみると、華やかなカペル橋とは打って変わって暗い雰囲気。上を見ると“Danse Macabre”(フランス語で「死の舞踏」、Danse Macabre - Wikipedia)という様式の一連の絵画を鑑賞することができる。絵の中に必ず1人は骸骨が描かれていて不気味だった。

f:id:fukuponponpon:20181111220725j:plain
f:id:fukuponponpon:20181111221034j:plain

この「死の舞踏」という絵画様式は、死の普遍性をテーマにしているらしい。飢饉、百年戦争、欧州全土でのペストによる大量死がこの絵画様式の成立の背景にあるようである。堂々とそびえ立つ山々、白鳥が静かに泳ぐ湖に囲まれたこの美しいルツェルンも、かつては疫病や戦争に悩まされたのだろうか。にわかには信じがたい。

f:id:fukuponponpon:20181111224920j:plain
透き通った川の水

シュプロイアー橋をわたりきった後はムゼック城壁(Museggmeuer)に向かう。塔と城壁から構成され、幾つかの塔では上階へ上ることもできる。

f:id:fukuponponpon:20181111230537j:plain

ドイツ語・フランス語・英語で書かれた案内板

ラソンを控えているしできるだけ脚に負担かけない方がいいかなと思いつつ、好奇心に負けて塔に上る。Männliturmの最上階からはルツェルンの町並みを一望することができた。

f:id:fukuponponpon:20181111232948j:plain
f:id:fukuponponpon:20181111232706j:plain

城壁の脇の草っぱらには牛がいた。

f:id:fukuponponpon:20181111233223j:plain

一通り城壁を見終え、日没が迫ってきたところでマラソンのEXPO会場(Hotel Schweizerhof Luzern)へ。途中で日本の居酒屋を見かけた。

f:id:fukuponponpon:20181112000604j:plain

久しく中ジョッキでビールを飲んでいない。ふらりと立ち寄りたい衝動を抑えてEXPOに向かう。例によってパスタパティーが行われていた。粉チーズをできるだけかけて食べた。

f:id:fukuponponpon:20181112003258j:plain

プロテインドリンクがただで提供されていたため、3本ほどもらった。会場でやることも特にないため、早々に退散。宿泊先へ。

EXPO会場からルツェルン湖に沿って3キロちょっと歩くと宿泊先に到着する。湖では白鳥をまぢかに観察することができた。ときどき尻尾を振る様子がなんともかわいらしい。ここ最近の鬱屈した気持ちが晴れていくように感じた。

f:id:fukuponponpon:20181112004954j:plain

f:id:fukuponponpon:20181112003934j:plain

羽繕いのため陸に上がっている白鳥

しかしまあ水も凍ろうかという気温の中、よく悠々と泳いでいられるなあと思った。

右手に白鳥を見ながらのんびり歩くこと1時間弱。宿泊先であるHotel Seeburg Luzernに到着した。フロントで軽く説明を受け、部屋へ。残念ながら湖に面している方の部屋ではなかった。3泊するしどうせなら湖が見える部屋が良かったな、と結構落ち込んだ。気を取り直してEXPO会場で受け取った荷物の中身を確認する。

f:id:fukuponponpon:20181112010124j:plain

絆創膏が入っていたのには驚いた(ゼッケンの上)。今までマラソンの大会には20回ほど参加しているが、絆創膏をもらったのはおそらくはじめてである。大会の協賛企業であるcoop(スイスで有名なスーパーマーケット)の布ぶくろは何かと役に立ちそうだと思った。

そのあとシャワーを浴び、マラソンの準備をして寝た。